子どもの頃の自分

a0316677_1765931.jpg

模型みたいなお家。

******

昨日久しぶりに子どもの頃のことをヒトに話した。

話をしたふたりとは元気で普通のワタシ(と自分では思っている。笑)でしか
接したことがなかったし、すこしビックリしていたようだ。

話したのはほんの少しだけだったけど。

 小学校の4年までしか学校に行っていないこと、
 中学は全然行っていなくて、
 高校は通信制だったからやっぱり全然行っていないこと。

 小学校の頃、先生が家に来ると押入れに隠れたこと。
 真っ暗ななかでじっとうずくまっていると
 母が「あれ、さっきまでいたのに・・どこにいったんだろう」
 と探す声が聞こえてきたこと。

 あの頃の自分を思うと、今の自分ってすごいなーと思うんだよね。
 って思っていること。

若い女の子ふたり、自然に受け止めてくれて嬉しかったよ。
ありがとうね(^0^)



「あの頃の自分を思うと、今の自分ってすごいなーと思う気持ち」
これは別の視点から見ると、
今の自分をすごいと思えてない自分がいるってことでもある。

「こんなんで、あーで、こーだから・・ダメ!」
「なんて弱いの・・ガッカリ」
みたいな。
だからあえて過去の自分を振り返って
「そんなことないでしょ。ホラホラ、成長してるじゃん。えらい進歩だよ」
と説得しているのだ。



ちなみに、この「説得」までの段階はわりとよく通る道なのだ。
次の段階へ進みたいなと思うのだった。






ちなみにもし、子どもだった頃の自分に会えるとしたらどうするだろう?

うずくまっている子にどう接するだろう?と考えた。

実際のところはその場になってみないと分からないけど、
たぶん静かに側にいる。
ワタシはあなたに危害を加えるつもりはなくて
なにも強制するつもりはなくて
ここは安全な場所だってことは変わらないんだよ
ということを態度で示そうとする。
言葉ではなんとでも言えるけど、
態度で示し続けることはむずかしい。
けど本当にそう思っていたら伝わるからそうする。
(言葉の通じないどーぶつと接するときと似ている)

学校に行かせようとか、勉強させようとか思ったら
違う方法が正しいのかもしれないけど
ただ、安心してそこにいられることの方が大切だから。
[PR]
by yoo-teori | 2014-04-04 18:13 | 日々のできごと


こんにちは♪ 手織り工房Yoo(ヨー)のカオリです。制作の様子や日常の出来事などをつづっています。コメントはどうぞお気軽に(^-^)♪


by yoo-teori

プロフィールを見る

最新の記事

今日は一日パソコンの前
at 2014-05-02 17:35
4月によくお読みいただいた記..
at 2014-05-02 09:00
最近よく読んでいるブログ (..
at 2014-05-01 20:49
「こわい」ということ 2
at 2014-04-30 18:31
今日いちばんおもしろかったこと。
at 2014-04-29 23:49

カテゴリ

はじめまして
日々のできごと
手織り作品
■好きなコト、モノ、ヒト
  ハンカチ好
  ブログ♪
  映画♪
  音楽♪
  まんが♪
  ラジオ♪
よくお読みいただいた記事
■2013年コーナー
  ステキなお仕事
  おいしいにおいのするところ
  クラムボン展(盛岡)
  poooL02展(吉祥寺)

以前の記事

2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

メモ帳

記事ランキング

検索

その他のジャンル